環境方針

限りある資源の保護、住み良い環境づくりをめざし社会に貢献することは今や、企業にとって当然の義務です。私たちは、三菱電機グループとしての大きな社会貢献を果たすために東部、西部の各事業部それぞれにおきまして、環境統合で認証を取得し、環境マネジメント活動を行っています。また、社長をはじめ各事業部では三菱電機の環境方針のもと継続的な環境改善活動に取り組んでいます。

基本理念

社会の持続的な発展のために、当社はすべての事業活動および社員行動を通じて、これまで培った技術と今後開発する技術によって環境の保全と向上に勤める。

基本方針

当社は事業活動の中で以下を環境保全活動の重点項目として取り組む。

  1. 製品の開発・設計にあたっては、常に環境に配慮した製品を目指し環境負荷の低減に努める。
  2. 省資源・省エネを含む3R(リデュース、リユース、リサイクル)製品の開発に努力する。
  3. 三菱電機株式会社 電子システム事業本部環境統合の基に各事業部に環境マネージメントシステムを確立し、自主基準を設定して運用を行うとともに、環境監査等を通じて自主管理活動の継続的な改善を図る。
  4. 可燃物ゴミをはじめ廃却物の継続的削減を図るとともに、紙類の有効活用と回収リサイクルを推進する。
  5. 電気エネルギーの効率的な使用を図る。
  6. 生産プロセスで使用する化学物質の適正管理に努めるとともに、環境に負荷を与える物質の使用量の削減を図る。
  7. 環境教育、社内広報活動及び地域との共生活動を通じて全社員の意識の向上を図る。

2006年12月26日 三菱電機特機システム株式会社

▲ページトップに戻る