救難機器

製品概要

万一の場合の心強い味方

BEBor

双方向救急通信装置 BEBor(ビーバー)TBB-100

カバーエリアは全世界。
世界初となるリターンリンク機能搭載の携帯型救急衛星通信装置。

  • 無線免許も無線局申請も不要。
  • イリジウム衛星を利用するため、携帯電話が通じない世界中の海、山、どこからでも、救難信号が送信
      可能。
  • 頼りになる5つのメールアドレスに、ワンボタンで救助要請、自己位置情報を送信。
  • 救難信号受信者は「救難信号受理」、「救助隊到着予想時間」等を監視PC画面からワンクリックで返信。
  • 返信メールが届くと、BEBor本体の3色LEDが点灯状態を変えてお知らせすると共に、自動的に変換された
      声でお伝えするので、救助を待つ際の孤独感も軽減。
  • TBB-100

      
    通達範囲 イリジウム衛星回線圏内(全世界)
    送信先 予め登録した最大5つのメールアドレス
    動作方式 通報ボタン(HELP)を押す→救難信号送信
    取消ボタン(CANCEL)を押す→キャンセル信号送信
    電池 カメラ用リチウム電池(CR123A)×2個(交換可)
    ※十分な機能発揮のため、本機未使用でも3年に1度は電池交換を推奨します。
    寸法 120(H)×55(W)×25(D)mm
    質量 約170g(本体単体で水に浮きます。)

    SART

    捜索救助用レーダトランスポンダ TBR-610

    船舶用レーダや航空機搭載のレーダが発するレーダ波に反応する9GHz帯の送受信機です。

  • 周波数範囲9,200MHz〜9,500MHz
  • 近接するレーダの送信パルスを受信すると自動的に応答波を送信
  • 応答波は捜索者のレーダスコープ上に多点列のサートコードで表示
  • TBR-610

      
    周波数範囲 9,200〜9,500MHz
    輻射電力 400mW以上
    質量 本体 600g(電池含む)

    EPIRB

    衛星非常用位置指示無線標識 TEB-700/TEB720

    全世界共通国際規格の衛星非常用無線標識

  • 406MHz帯、121.5MHzの2周波対応
  • 小型軽量、取付容易
  • シンプルな構造と簡単なメンテナンス
  • 耐錆、耐劣化構造
  • 風、振動等に強いフレキシブルアンテナを採用
  • TEB-700/TEB-720

      
    TEB-720
    送信周波数 406.028MHz/121.5MHz
    輻射電力 400mW以上
    寸法 本体 529(H)×120(W)×116(D)mm
    ホルダー含む 585(H)×175(W)×165(D)mm
    質量 本体 1.3kg
    ホルダー含む 2kg

    TEB-700
    送信周波数 406.028MHz/121.5MHz
    輻射電力 400mW以上
    寸法 本体 529(H)×120(W)×116(D)mm
    自動離脱装置含む 575(H)×165(W)×142.5(D)mm
    質量 本体 1.3kg
    自動離脱装置含む 3.8kg

    救急コール

    小型漁船救急コール TV-S7/TR-7530

    海岸局による24時間運用体制を前提とした、1〜5人乗りの小型漁船対象の救急支援連絡装置です。

    TBB-100

      
  • 海中転落、急病等の不測の事態が発生した場合に船名(ID)・発生位置・発生
      時刻等の情報を海岸局へ通報
  • 27MHz/40MHz/150MHz DSB無線機とGPSは既設品が使用可能
  • 乗組員用の救急発信器は特定小電力機器を使用するため免許不要
  • 救急信号発信時にエンジン停止装置(オプション)を駆動させる接点信号を出力

  • 多人数救急コール TV-S7/TR-7530-30

    落水者の発生を船内に知らせる、30人乗りまでの多人数乗船船舶向け救急支援連絡装置です。

    TBB-100

      
  • 受信表示器1台で発振器を最大30台登録、使用可能
  • 救急信号受信時に、発光器やサイレンなどが自動で稼働!緊急事態を即座に
      船内に通知。
  • 複数の救急信号を受信した場合、発信器のIDは交互に表示
  • ▲ページトップに戻る